新たな「飛翔」へ。

皆さん、大変お久しぶりです。
更新が数か月にわたって開いてしまいましたが、本日はお知らせをさせていただきます。

突然のお知らせとなりますが、
「しらさぎの飛翔」の更新を、本日11月13日限りで終了とさせていただきます。
これに伴い、不定期更新の写真公開ブログを新たに立ち上げ、そちらを今後の活動場所といたします。


この件については、私なりに熟考しましたが、以下のような経緯から決断をいたしました。


このブログは、私が高校1年生だった2008年の10月、高校生活、というよりむしろ部活動でたまった不満を吐き捨てる場所としてスタートしました。開設から予備校生活が終わるまで(2012年2月)の間、なるべく多く更新しようとこつこつ記事数を増やしておりましたが、旅に出かけた記録以外はほとんど愚痴だらけでした。言い換えれば、毎日何かしら面白くないと感じることが起きていたのです。当時の私の歪んだ性格のせいかもしれませんが・・。

高校の部活と、その引退後に受験勉強に切り替えられなかった自分への嫌悪感が付いて回ったとき、ときどきここに愚痴を吐けば、多少なりともすっきりしたものです。それでも2011年度は精神を病み、食べ物が喉を通らなくなり、人を信じることもままならない状況に陥りかけたことが何度もありました。

しかしながら、今の大学に入ってからというもの、私自身の生活環境が一変しました。それまでどうしようもなくネガティブ思考で、本来できるはずのことすらできなくなっていたのが、それまでは少なかった「信頼できる友人」が新たに何人もできて、初めてのアルバイトとして駅で働き始めて、というように、人との関わりが急激に増えた途端に改善され、「毎日が楽しい」と感じられるようになったのです。数年前まで、「今ここで電車に飛び込んだらどれだけ楽か?」と本気で考えたことが何度かあったので、周りに助けてもらいながらでも、よくぞここまで変わることができたなと、自分でも実感しています。

そこで最近ふと感じたのが、このブログの記事をほとんど書いていなかったことでした。「もともと誰にもぶつけられない怒りや愚痴の吐き捨て場として立てたブログだったので、ネガティブ思考から脱却できた今、このブログは役目を終えたのではないか。」と考え、更新終了の決意を固めました。
2月から放置状態にしてしまい、その間にも数百回のアクセスがあったにもかかわらず、報告が遅れてしまったことをお詫びいたします。

管理人は現在、大学3年生。高校の同期達から1年遅れての就職活動をまもなくに控え、将来に対して漠然とした不安はありますが、自分自身が社会人になってやりたいことが見つかっている以上、その実現に向けて本気で頑張れれば良いのかな、と感じています。


開設から6年と1ヶ月。最初のProfileのポストを除くと、これが727回目の記事投稿となりました。よくぞここまで書いてきたものだと感じています。

この「しらさぎの飛翔」は更新を終了としますが、現在のところ、ブログそのものの閉鎖は考えておりません。2012年1月以前の記事については、引き続き非表示にしますが、私個人の日記のような記事もありますので、時々何かを思い返すのに使ってみようかと思います。


なお、同じエキサイトブログ上に、私がきまぐれに撮影した写真を公開するための新ブログを作成しました。今後はそちらのブログで、撮りたい時に撮った写真を不定期に載せていこうと思います。
はくたかの飛翔」。当ブログから引き継ぐ形としましたので、似た名前を付けてあります、

最後になりますが、6年間、外部からコメントを頂いた方を含め、お付き合いいただいた方々には感謝申し上げます。ありがとうございました。
新ブログ、「はくたかの飛翔」でお会いしましょう。


「しらさぎの飛翔」 管理人:万葉
[PR]
# by kameliner2008 | 2014-11-13 02:09 | 挨拶

【お知らせ】リンク関連

 リンクについて、お知らせが3点ございます。

1. 鉄道記事用のブログ「緩行旋律。」を、勝手ながら閉鎖させていただくことになりました。これは、管理人の撮影する写真のスタイルが変わったことにより、鉄道記事を分離する必要性がなくなったと判断したものによります。
これによって、同ブログへのリンクを解消しました。

2. 「みどあず」様のブログですが、「鉄道少年の唄」より「Everyday Scenes」へ移転しましたので、リンクを編集しました。なお、「Everyday Scenes」とは相互リンクとなります。

3. 一年以上更新のない一部ブログとのリンクを解消しました。

 お知らせは以上となります。
[PR]
# by kameliner2008 | 2014-02-18 15:10 | 挨拶

きれいな部屋

 こんばんは。

 先日、横浜で一人暮らしをしていた大学の友人の引っ越しを手伝いに行ってきました。3回生からはメインとなるキャンパスが都内へ移動するので、このタイミングで都心に近い場所へ引っ越す人も多くいるようです。

 思い返してみると、私も中学を卒業してすぐに「引っ越し」を経験しました。前から越谷に住んでいたのですが、当時富山に住んでいた父方の祖父母との同居をするにあたり、前の家では手狭だ、ということで、今の家に引っ越しすることになりました。
 祖母は富山から引っ越す半年ほど前に亡くなってしまいましたが、祖父とは2010年に亡くなるまでの3年間、今の家で同居することができました。

 このように、一家ぐるみの引っ越しとなると大変な荷物になるのですが、一人暮らしの場合はさして荷物の量も多くないので、私が運転するレンタカーで引っ越す計画も出ていたぐらいでした(最終的には引越業者に頼みました)。荷物の搬入作業から、ベッドの配置やテレビの配線までやっても大した時間はかからず、大掛かりな引っ越しと比べて、圧倒的な速さを実感しました。

 それにしても、引っ越し前のまだ何もない状態の部屋って、広々としていてきれいですよね。何を当たり前のことを、と思うかもしれませんが、部屋に入って最初に思ったことがそれでした。しかも一人暮らしの場合は、学生生活に最低限のものが揃っていればどうにでもなりますから、物をすべて配置してもなおきれいな場合があるわけです。

 ということで、後日、私もそういうきれいな部屋に憧れて、自室の片付けをすることにしました。結果、必要最低限とまではいきませんが、部屋にある物の3割ぐらいをゴミ袋にまとめました。
 中学・高校の通学カバンはまだしも、いつ使っていたかも分からない「プレイステーション」のようなとんでもないガラクタも出てきました。中でも、あの思い出したくもない高校の部活で使っていたものに関しては、ウェア以外はきれいさっぱり捨てることにしました。
 部屋がきれいになったのと、悪い思い出を呼び起こす多くの物を捨て去ることができる、というだけで、気分がかなりすっきりしたように思いました。

 一日かかりましたが、たまにはリフレッシュのために部屋の片づけをしてみるのも良いかもしれません。早く金曜日(この地区の燃えるゴミの日)になってほしいところであります。(笑)
 他人の引っ越しの手伝いを通して、きれいな部屋を保ちたいと感じた先週末でした。

 それでは、かなり適当ですがこの辺で。ノシ
[PR]
# by kameliner2008 | 2014-02-05 23:39 | 日常

金婚式

 こんばんは。

 26日のことになりますが、母方の祖父母が結婚50周年、金婚式を迎えました。当の本人たちは「あっという間に50年経ってしまった」と、実感のない様子でしたが、もちろん親戚で集まってお祝いをしよう、ということで、浦和でパーティーが開かれました。

 親戚一同、「(私の祖父母が)金婚式か・・やっぱりみんな歳を食ったね」なんて話で持ち切りだったのですが、孫世代が3人いるうち、1番年上の私が21歳に、一番年下でも17歳になっているわけですから、当然と言えば当然ですかね・・。

 聞けば、今まで50年間、新婚すぐに夫婦喧嘩をして以降は、まったく喧嘩はしていないとのことでした。世の中そんなに仲の良い夫婦があるものか、と思いましたが、思い返してみれば、確かに祖父母が喧嘩しているところはただの一度も見たことがありません。一回ずつ骨折したことがあるというのは知っていますが、特にこれまで大きな病気もしていないそうです。

 もしも、いずれ私が結婚するようなことがあるなら、最終的にそういう仲の良い夫婦になれるといいのかな、と感じさせられました。彼女の一人も連れてこないで何を言ってるんだお前は、なんてツッコミが飛んできそうですが、そう感じたのは確かでしたね。
 今現在の私は、「最近ようやく、人を好きになることを覚えた」という程度ですので、本当にそんな日が来るのかよ?と自問自答しているところです。

 何がともあれ、これからも祖父母には、仲良く元気に過ごしてもらいたいと願うばかりであります。
e0153554_2123846.jpg
@江の島 [2013-03-13撮影]

□■□■□■□■□■□

 先に挙げた、17歳の「孫世代」の一人は、現在高校2年生。しかし、この時期に赤点をたたき出し、指名補習にお呼ばれしてしまったそうです。

 思い返してみれば、私も高校時代、数学ではよく欠点ギリギリのところを彷徨っていたものです。担当の先生からは「卒業したくないのかな・・?」と言われるありさまでした。
 某予備校の、それも200点満点の模試で、「9点」という驚異的なスコアを残したのは今でも覚えています。これはもうぶっちぎりの学年最下位だな、と思ったら、まだ下に「6点」と「3点」がいたことを知って、万歳したような気がします。今考えてみても低レベルな争いです(笑)
 余談ではありますが、最近、埼玉県公立高校の数学の入試問題を解いてみたのですが、開始5問目くらいで早速間違えました。「まあ、こんなもんか」と、すぐに諦めがつきましたが・・。

 ただ、私の場合は「私立文系」受験でしたので、数学なんてものは受験にまったく必要なかったわけです。しかし、彼がやらかしたのは「英語Writing」。文系はもちろん、理系大学の受験にも必要な英語で欠点を取ってしまいましたので、お母さん(私の母親の妹)はかなりやきもきしているようです。私が英文学科に通っているのを知っているので「こいつに英語教えてやってくれない・・?」と言われてしまいました。

 ということで、大学受験云々の以前に、学校のテストを乗り越えるために必要最低限のことだけはアドバイスしましたが、あとは結局本人が継続して勉強するかどうかにかかっているわけですよね。私の数学のように、一夜漬けで他人の宿題を書き写し、当てずっぽうでテストに答えているようでは、成績が伸びるわけありませんからね。重要なのはその点だよ、とだけ言っておきました。

 もしこれで改善がされないようであれば、私が教えに行くことになるかもしれません。仮にそうなったとしても、いいんですかね?「適当」という文字が服を着て歩いているような、こんな人を先生にしちゃって・・。(笑)

 とにかく無事に進級してほしいところであります。
 他人の話とは言え、ちょっぴり懐かしさを感じたのでした。

 それでは、今日はこの辺で。ノシ
[PR]
# by kameliner2008 | 2014-01-28 02:12 | 日常

振り返ってみると

 こんばんは。

 今日はセンター試験初日だったそうです。文系の受験生はセンター試験が今日で終わりですが、それぞれ自分の目標に向けて、私大国大入試に向けて頑張っていければいいのではないかなと思います。

 去年の2月のことになりますが、朝いつもの駅の総武線ホームで押し込みをやっていたら、「○○先輩!」と、聞いたことのある声がしました。振り返ってみると、高校時代の部活の後輩が立っていました。聞くと、とある私立大学の受験に向かう途中だったとのことで、「こういう風になっちゃ(私のように浪人しちゃ)ダメだぞ、頑張ってこいよ!」と軽いジョークを飛ばした後、ホームで笛を強く吹いて送り出しました。
 縁起のいいことに、彼が乗った中野行の電車には、列車番号「777B」の文字が。それから会っていないのでわかりませんが、きっとあの日の受験は上手く行ったのではないかな・・と思っています。

 自分のことを振り返ってみると、二度目の受験期に私が想像した「未来の自分」は、「受験を懐かしく感じていること」と、「食べ物を食べられる体になっていること(受験直前はストレスで食べ物が喉を通らなかった)」の二つでした。「今年かなわなければ、早いところ死んでしまいたい」とすら思ったほどです。
 あれからもう2年が経つのか、と考えると、時が経つ速さを感じざるを得ません。私が大学2年生を終えようとしているので、当然と言えば当然なわけですけどね。

□■□■□■□■□■□

 懐かしい、の関連でもう一つ。
 高校2年生になったあたりで、左足の親指で深爪をしてしまい、そこから爪が肉に食い込んで炎症を起こす「陥入爪」という状態になってしまいました。バスケ部の練習ができなくなるのは構わなかったのですが、「いつか治るだろう」と放っておいたら日常生活にも支障をきたすようになり、結局皮膚科で手術をしてもらいました。

 そんな痛い経験をしてから4年半、今度は右足の親指で同じような症状が出るようになってしまい、前回お世話になった皮膚科に行ってきました。幸いにして、一週間ぐらいで治ってくれたのでよかったですが、また足を引きずりながら生活するのは御免ですので、爪の切り方には特に気を付けようと思います。

 それにしても、過去のこと、特に2年以上前のことを振り返ってみると、どうしても良い思い出より悪い思い出の方が先に出てきてしまいますね。何とかしたいものです・・。

 それでは、今日はこの辺で。ノシ
[PR]
# by kameliner2008 | 2014-01-18 23:35 | 雑談

セールスマン

 こんばんは。

 成人の日ということで、今日は各地で成人式が行われていたのではないでしょうか。私の地元の成人式は、昨日終わってしまったそうですが、よく考えてみると、昨年成人式を迎えた私たちの代でも、各地より1日前に成人式が終わっていました。その結果、大雪を免れることができたわけです。

 昨日の夜、家から車で数分の駅に降り立つと、同窓会が終わって居酒屋から出てきたと思われる新成人で、ロータリーがごった返していました。それも去年と同じでした。毎年この時期に繰り返される光景でしょう。

 ということで、私はもう成人式は関係ないので、今日は久しぶりに1日家にいる時間を取り、テスト勉強をしていました。すると、11:30頃に玄関のインターホンが鳴ったので、応えてみると、ソーラー発電システムの勧誘でした。インターホンで撃退しようかと思って話を聞いていたわけですが、よく聞こえなかったので外へ出てみると、いかにも胡散臭そうな30代の男が立っていました。

 彼が最初に口にした内容を簡単に言えば、「ソーラー発電を実質無料で導入できるキャンペーンをやっていて、いくつかの条件に協力していただける方に、キャンペーンのメリットの話や、発電効率のシミュレーションをさせてもらえるかの確認のため、電話を入れさせてほしい」というものでした。

 そもそも私は世帯主ではないですが、基本的にうちの家庭はセールスお断りなので、今回も即刻断るつもりでいましたが、それでも相手はキャンペーンに参加するための条件を並べてきました。こちらが「ソーラー発電には特に興味ない」と伝えたあと、最後に「では、ご主人様だけでなく、是非ご家族の方ともご相談いただければと思いますので、また改めてお電話させていただきたいと思います。お名前とお電話番号よろしいですか?」と聞いてきたわけです。

 「最初に『協力していただける方にお電話したい』って言ったくせに、それと全然違うじゃないか。こいつ何を考えてるんだ?」と思いつつ、彼が持っていた名簿に目をやると、大勢の名前と電話番号がずらりと並んでいました。

 私「じゃあ、お宅の連絡先は?」
 勧誘「あ・・先程のチラシの下のとこr・・」
 私「書いてあるなら、興味がわけばこちらから連絡しますよ。忙しいのでお引き取り下さい」
 勧誘「あ・・そうですか・・失礼しました・・・」

 という感じで最終的には帰ってもらいましたが、何を考えているのかよく分からない勧誘でした。
 それともう一つ。老け顔はもともと自覚していますが、私を指して「ご主人様」ですって。一体彼には私が何歳に見えたのでしょうね・・?

 もちろんその件にも腹が立ちますが、何よりキャンペーンの条件に協力する意思を見せていないのに、名前や電話番号を聞くやり方は如何なものかと感じたので、万が一同じ会社がまた勧誘に来るようなことがあれば、その時点で県内の営業所にクレームを付けるつもりでいます。

 それにしても、彼が持っていた名簿を見て、電話番号を教えている人の多さには驚きました。その場で断り切れないのか、本当に良いと思って教えているのかはわかりませんが、たとえどんなに良い条件であれ、私ならその場で電話番号を教えたくはありませんし、本当に興味があればお客の方から連絡するのではないか?と考えます。
 販売員の方にもノルマがあって大変なのかもしれませんが、あまりにも往生際が悪いというか、ゴリ押しが強いというか、とにかく幻滅させられました。「ソーラー発電」そのものまで嫌いになりそうでした。

 こういう方法で個人情報を売る悪い輩はいくらでもいますからね。これからもセールスお断りは貫いていくつもりです。

 そして、成人式から1年後には、ついに「ご主人様」って呼ばれるようになりました。とても嬉しくないですね。高校1年ぐらいの時に、ファミレスで「おタバコ吸いますか?」って聞かれたのと同じぐらいビックリです。
 せめてもう少し若く見られたいものです。無理ですかね(笑)

 それでは、今日はこの辺で。ノシ
[PR]
# by kameliner2008 | 2014-01-13 23:55 | 日常

機材のお話

 こんばんは。

 都内で駅員バイトを始めてから2回目の冬になりましたが、朝ホーム整理に立つと凍えるような寒さです。普段はめている手袋を二重にしてみるとか、寒さを少しでも凌ぐために、いろんな工夫が必要かもしれません。特に、今のところこの冬は体調を崩していないので、それは継続していきたいものです・・。

 さて、今回はカメラの話でも。

 今の私の相棒、CanonのEOS30Dは、2010年1月の末に中古で買ったものです。昨年夏に、シャッターボタンの摩耗で一度修理に出しましたが、それ以降は特に問題なく使っています。とはいえ、もう発売からはだいぶ経っているボディで、さらに今年の5月にサポート期間が終わってしまうので、それ以降壊れたら終わりということになってしまいます。
 いざ使う場面でカメラがない、新しく買うお金もない、ということでは困りますので、少なくともあと数か月の間に、ボディを増備したいと思っています。増備した後も、30Dには、壊れるまでサブ機として頑張ってもらうつもりでいます。

 一方で、今使っているレンズもだいぶ古く、こちらも壊れたら修理できないものもあります。常用の標準ズームとして使っている1本のレンズに至っては、調べてみると、今から13年前、2000年10月に登場したものでした。数年前に羽生駅の構内で下に落としてしまい、その時にズームリングが少し回りづらくなっていたのもあって、どちらにしてもそろそろ買い換えたいと思っているところです。

 ただ、私の信条として、「趣味にお金を使う場合は、現金一括払いを基本としたい」というものがありますので、ある程度貯金が貯まったら、レンズキットをポンと買うようにしようかと考えています。少なくとも、夏までには何とかできるようにしたいものです。

 改めて、「金のかかる趣味だなー」と感じざるを得ない部分もありますが、こうして増備の計画を立てるというのもまた、楽しいものです。

□■□■□■□■□■□
e0153554_2364190.jpg
夕暮れの富士山 @JR御殿場線 御殿場~足柄 [2013-12-14]

 それでは、適当ですがこの辺で。ノシ
[PR]
# by kameliner2008 | 2014-01-10 23:09 | 雑談

マフラーでヒヤヒヤ

 こんばんは。

 私は昔から寒いのが苦手なので、「もうそろそろ暖かくなってくれないかな・・」なんて毎日のように思っていますが、まだ1月の頭です。先は長いですね。
 旧暦で言えば「春」になったわけですから、年賀状には「迎春」だの「初春」だの書いてあるわけですが、寒さはこれから本格化するんですよね。困ったものです。

 さて、先月の25日、久しぶりにこのブログを更新した日はクリスマスでした。昨年は大学の友人たちと一晩遊んで過ごしたわけですが、今年は朝のバイトに出て、そのまま職場の先輩たちとのんびりランチを楽しみ、そのあと一人で写真展を見に銀座へ行き、最後に北千住のマルイでマフラーを買って帰る、という時間の使い方をしていました。
 先月は14日・15日にかけて、富士山を絡めた鉄道写真を撮りに静岡県へ出かけていたのですが、20~30分に1本しか来ない列車を待つ間、やはり首元が非常に寒く、それが「いつかマフラーを買おう」と決心するきっかけになったわけです。

 そして、いざ買ってきたのはいいのですが、実は私自身、マフラーというものを今まで一度たりとも使ったことがなく、お恥ずかしい話ながら、巻き方を全く知らないのです。周りに聞くわけにもいかないので、インターネットで調べながら模索中ですが、「こんな感じで合ってるのか?」と、巻くたびに毎回ヒヤヒヤしています。温まるためにマフラーを買ってきたはずなんですけどね(笑)
 ということで、変なマフラーの巻き方をしている私を見つけたら、そっと注意してあげてください。よろしくお願いします。m(__)m

□■□■□■□■□■□
e0153554_0404642.jpg
澄み渡る朝の空と富士山に。@JR身延線 入山瀬~竪堀 [2013-12-15]

 元国鉄機関士で、写真が趣味だった父方の祖父の命日に、最高のコンディションでパチリ。


 それでは、今日はこの辺で。ノシ
[PR]
# by kameliner2008 | 2014-01-05 00:41 | 日常

謹賀新年

 新年、明けましておめでとうございます。
 相変わらずののんびりブログですが、今年もよろしくお願いします。

 今年の元日は・・大変残念ながらバイトでございました。鉄道の業界で仕事をしていれば、この時期に休んでいる場合ではないことは重々承知していますが、やはり大変さを実感させられました。


 さてさて、時が経つのは早いもので、2008年10月の末にこのブログを立ち上げてから、もう5年以上過ぎてしまいました。今の私が21歳ですから、当時は16歳だったということです。
 ここ5年間を振り返ってみると、拒食症やうつのようになりかけていた時期もありましたが、そこからどうにか這い上がって、現在は楽しく毎日を送っています。

 2014年は、けじめをつけながらも、後で振り返って「楽しかった、やりきった」と感じることができる年にしたいと思っています。

 改めまして、今年も1年間よろしくお願いします。m(__)m
[PR]
# by kameliner2008 | 2014-01-01 23:43 | 挨拶

分けて捨てる、という文化

 こんにちは。

 大晦日の今日は、久しぶりに自分のために時間を取ろうと思って、まったく予定を入れませんでした。自分の時間を取る、といってもレポート課題に明け暮れているわけですが、普段風来坊みたいな人間なので、たまにはこんな日があってもいいでしょう。
 特に、年末はバイト行ったり忘年会行ったりと、ほとんど家にいなかったので、母親からも「あんた今日家にいたの?気付かなかったわ。自分の分しかご飯買ってきてないから何か食べてきてくれる?」なんて言われるありさまでした(笑)
 ということで、車を借りて近所のモスバーガーまでひとっ走りしてきたわけですが、食べ終わってトレイを片付けに行くと、ごみ箱が一つしかないのです。「ああ、そうか」と思わされました。

 ごみ箱が1種類しかないというのは、地元の越谷市ではほとんど当たり前の光景なのですが、東京や横浜で食事をする機会が多いと、つい「プラスチック用ごみ箱」があるものだと思ってしまうのです。例えば、今通っている大学のごみ箱では、「燃えるゴミ」よりも「燃えないゴミ」の投入口の方が広く確保されています。恐らく、弁当のプラスチック容器を「燃えないゴミ」に捨てるのが普通だからでしょう。

 10年くらい前の越谷では、おおかた「燃えるゴミ」、「燃えないゴミ」、「古紙類」、「危険ごみ」の4種類しか区別がなく、白色トレイやペットボトルも燃えるゴミとして捨ててよかったので、たまに都内へ出かけると「何でこんな面倒な分別があるのか」と思ったものです。中でもペットボトルにいたっては、中を洗わず、ラベルやキャップを外さないまま、燃えるゴミにポンと出していたのです。当時はこれが当たり前でした。
 さすがに今となっては、トレイやペットボトルは分けるようになりましたが、プラスチックのフォークやサランラップは今でも燃えるゴミに出しています。

 私の中で「越谷市」は、「日本一ごみの分別ができない町」だと思っていますし、私自身、今でも「燃えないゴミに区分されるのは、缶や瓶ぐらいでしょ?」という認識なので、出かけたときに「ここではそんなものを『燃えないゴミ』に捨てるのか?」と思うことは今でもありますが、「郷に入っては郷に従え」というように、その土地のルールを守れるようにしなければいけないと感じさせられます。
 そんなことを考えていた、大晦日の昼下がりでした。

 さて、2013年はなんだかんだ忙しく、16回しか記事を更新しませんでしたが、私とお付き合いいただいたみなさん、そしてここを見てくださっている皆さん、今年も1年間ありがとうございました。こんな大して更新していないブログにも、毎日一定のアクセスがあるようで、感謝しております。

 2013年の記事更新はこれで終了といたします。それでは2014年、良いお年をお迎えください。
[PR]
# by kameliner2008 | 2013-12-31 13:45 | 雑談