写真家の作品から学ぶ

こんばんは。

今月頭のことですが、車でワシクリに行ってみました。自宅から栗橋まで、途中北春日部で友人を拾って行っても1時間かからず。まだまだ恐怖の連続ですが、運転の練習も兼ねて、ということですね。
今回向かった撮影地は、駅から歩くと30~40分近くかかるので、それだったら自宅から車で行った方が圧倒的に楽ですからね。ちなみにそのあとは南栗橋へ向かい、3年ぶりに「東武ファンフェスタ」に行き、そのあと栗橋駅近くでスカイツリートレインを撮影し帰宅という行程で駆け回ってきました。

一応、ちゃんと事故らずに帰ってきたわけですが、今度はさらに先まで行けるようになるといいかなと思います。
e0153554_002379.jpg
@栗橋~東鷲宮 [2012-12-02]

背景に出てきた一筋の雲が、いいアクセントを出してくれました。

□■□■□■□■□■□
今日は学校帰りに、私と同じ越谷在住の鉄道写真家の方の写真展を見に行ってきました。平日の夜ということもあってか、会場にはそのご本人と、お客さんも私を含め3人ほどでまったりしていました。
うちから車で20分ほどのところにある公園で撮影された写真だったのですが、やはり感化されるものがありました。鉄道写真なのですが、鉄道を知らない方にも楽しんでいただける作品ばかりだったように思います。いずれはそんな写真を目指してみたいものです。

せっかく一眼レフを使っているわけですし、もっといろいろな写真に挑戦していきたいと感じ、とてもいい刺激になりました。

ただ、その前に、このブログの更新頻度をどうにかしたいと思います(苦笑)
では、今日はこの辺で。ノシ
[PR]
by kameliner2008 | 2012-12-21 00:01 | 日常
<< 謹賀新年 色付き始めの… >>