セールスマン

 こんばんは。

 成人の日ということで、今日は各地で成人式が行われていたのではないでしょうか。私の地元の成人式は、昨日終わってしまったそうですが、よく考えてみると、昨年成人式を迎えた私たちの代でも、各地より1日前に成人式が終わっていました。その結果、大雪を免れることができたわけです。

 昨日の夜、家から車で数分の駅に降り立つと、同窓会が終わって居酒屋から出てきたと思われる新成人で、ロータリーがごった返していました。それも去年と同じでした。毎年この時期に繰り返される光景でしょう。

 ということで、私はもう成人式は関係ないので、今日は久しぶりに1日家にいる時間を取り、テスト勉強をしていました。すると、11:30頃に玄関のインターホンが鳴ったので、応えてみると、ソーラー発電システムの勧誘でした。インターホンで撃退しようかと思って話を聞いていたわけですが、よく聞こえなかったので外へ出てみると、いかにも胡散臭そうな30代の男が立っていました。

 彼が最初に口にした内容を簡単に言えば、「ソーラー発電を実質無料で導入できるキャンペーンをやっていて、いくつかの条件に協力していただける方に、キャンペーンのメリットの話や、発電効率のシミュレーションをさせてもらえるかの確認のため、電話を入れさせてほしい」というものでした。

 そもそも私は世帯主ではないですが、基本的にうちの家庭はセールスお断りなので、今回も即刻断るつもりでいましたが、それでも相手はキャンペーンに参加するための条件を並べてきました。こちらが「ソーラー発電には特に興味ない」と伝えたあと、最後に「では、ご主人様だけでなく、是非ご家族の方ともご相談いただければと思いますので、また改めてお電話させていただきたいと思います。お名前とお電話番号よろしいですか?」と聞いてきたわけです。

 「最初に『協力していただける方にお電話したい』って言ったくせに、それと全然違うじゃないか。こいつ何を考えてるんだ?」と思いつつ、彼が持っていた名簿に目をやると、大勢の名前と電話番号がずらりと並んでいました。

 私「じゃあ、お宅の連絡先は?」
 勧誘「あ・・先程のチラシの下のとこr・・」
 私「書いてあるなら、興味がわけばこちらから連絡しますよ。忙しいのでお引き取り下さい」
 勧誘「あ・・そうですか・・失礼しました・・・」

 という感じで最終的には帰ってもらいましたが、何を考えているのかよく分からない勧誘でした。
 それともう一つ。老け顔はもともと自覚していますが、私を指して「ご主人様」ですって。一体彼には私が何歳に見えたのでしょうね・・?

 もちろんその件にも腹が立ちますが、何よりキャンペーンの条件に協力する意思を見せていないのに、名前や電話番号を聞くやり方は如何なものかと感じたので、万が一同じ会社がまた勧誘に来るようなことがあれば、その時点で県内の営業所にクレームを付けるつもりでいます。

 それにしても、彼が持っていた名簿を見て、電話番号を教えている人の多さには驚きました。その場で断り切れないのか、本当に良いと思って教えているのかはわかりませんが、たとえどんなに良い条件であれ、私ならその場で電話番号を教えたくはありませんし、本当に興味があればお客の方から連絡するのではないか?と考えます。
 販売員の方にもノルマがあって大変なのかもしれませんが、あまりにも往生際が悪いというか、ゴリ押しが強いというか、とにかく幻滅させられました。「ソーラー発電」そのものまで嫌いになりそうでした。

 こういう方法で個人情報を売る悪い輩はいくらでもいますからね。これからもセールスお断りは貫いていくつもりです。

 そして、成人式から1年後には、ついに「ご主人様」って呼ばれるようになりました。とても嬉しくないですね。高校1年ぐらいの時に、ファミレスで「おタバコ吸いますか?」って聞かれたのと同じぐらいビックリです。
 せめてもう少し若く見られたいものです。無理ですかね(笑)

 それでは、今日はこの辺で。ノシ
[PR]
by kameliner2008 | 2014-01-13 23:55 | 日常
<< 振り返ってみると 機材のお話 >>