カテゴリ:日常( 27 )

きれいな部屋

 こんばんは。

 先日、横浜で一人暮らしをしていた大学の友人の引っ越しを手伝いに行ってきました。3回生からはメインとなるキャンパスが都内へ移動するので、このタイミングで都心に近い場所へ引っ越す人も多くいるようです。

 思い返してみると、私も中学を卒業してすぐに「引っ越し」を経験しました。前から越谷に住んでいたのですが、当時富山に住んでいた父方の祖父母との同居をするにあたり、前の家では手狭だ、ということで、今の家に引っ越しすることになりました。
 祖母は富山から引っ越す半年ほど前に亡くなってしまいましたが、祖父とは2010年に亡くなるまでの3年間、今の家で同居することができました。

 このように、一家ぐるみの引っ越しとなると大変な荷物になるのですが、一人暮らしの場合はさして荷物の量も多くないので、私が運転するレンタカーで引っ越す計画も出ていたぐらいでした(最終的には引越業者に頼みました)。荷物の搬入作業から、ベッドの配置やテレビの配線までやっても大した時間はかからず、大掛かりな引っ越しと比べて、圧倒的な速さを実感しました。

 それにしても、引っ越し前のまだ何もない状態の部屋って、広々としていてきれいですよね。何を当たり前のことを、と思うかもしれませんが、部屋に入って最初に思ったことがそれでした。しかも一人暮らしの場合は、学生生活に最低限のものが揃っていればどうにでもなりますから、物をすべて配置してもなおきれいな場合があるわけです。

 ということで、後日、私もそういうきれいな部屋に憧れて、自室の片付けをすることにしました。結果、必要最低限とまではいきませんが、部屋にある物の3割ぐらいをゴミ袋にまとめました。
 中学・高校の通学カバンはまだしも、いつ使っていたかも分からない「プレイステーション」のようなとんでもないガラクタも出てきました。中でも、あの思い出したくもない高校の部活で使っていたものに関しては、ウェア以外はきれいさっぱり捨てることにしました。
 部屋がきれいになったのと、悪い思い出を呼び起こす多くの物を捨て去ることができる、というだけで、気分がかなりすっきりしたように思いました。

 一日かかりましたが、たまにはリフレッシュのために部屋の片づけをしてみるのも良いかもしれません。早く金曜日(この地区の燃えるゴミの日)になってほしいところであります。(笑)
 他人の引っ越しの手伝いを通して、きれいな部屋を保ちたいと感じた先週末でした。

 それでは、かなり適当ですがこの辺で。ノシ
[PR]
by kameliner2008 | 2014-02-05 23:39 | 日常

金婚式

 こんばんは。

 26日のことになりますが、母方の祖父母が結婚50周年、金婚式を迎えました。当の本人たちは「あっという間に50年経ってしまった」と、実感のない様子でしたが、もちろん親戚で集まってお祝いをしよう、ということで、浦和でパーティーが開かれました。

 親戚一同、「(私の祖父母が)金婚式か・・やっぱりみんな歳を食ったね」なんて話で持ち切りだったのですが、孫世代が3人いるうち、1番年上の私が21歳に、一番年下でも17歳になっているわけですから、当然と言えば当然ですかね・・。

 聞けば、今まで50年間、新婚すぐに夫婦喧嘩をして以降は、まったく喧嘩はしていないとのことでした。世の中そんなに仲の良い夫婦があるものか、と思いましたが、思い返してみれば、確かに祖父母が喧嘩しているところはただの一度も見たことがありません。一回ずつ骨折したことがあるというのは知っていますが、特にこれまで大きな病気もしていないそうです。

 もしも、いずれ私が結婚するようなことがあるなら、最終的にそういう仲の良い夫婦になれるといいのかな、と感じさせられました。彼女の一人も連れてこないで何を言ってるんだお前は、なんてツッコミが飛んできそうですが、そう感じたのは確かでしたね。
 今現在の私は、「最近ようやく、人を好きになることを覚えた」という程度ですので、本当にそんな日が来るのかよ?と自問自答しているところです。

 何がともあれ、これからも祖父母には、仲良く元気に過ごしてもらいたいと願うばかりであります。
e0153554_2123846.jpg
@江の島 [2013-03-13撮影]

□■□■□■□■□■□

 先に挙げた、17歳の「孫世代」の一人は、現在高校2年生。しかし、この時期に赤点をたたき出し、指名補習にお呼ばれしてしまったそうです。

 思い返してみれば、私も高校時代、数学ではよく欠点ギリギリのところを彷徨っていたものです。担当の先生からは「卒業したくないのかな・・?」と言われるありさまでした。
 某予備校の、それも200点満点の模試で、「9点」という驚異的なスコアを残したのは今でも覚えています。これはもうぶっちぎりの学年最下位だな、と思ったら、まだ下に「6点」と「3点」がいたことを知って、万歳したような気がします。今考えてみても低レベルな争いです(笑)
 余談ではありますが、最近、埼玉県公立高校の数学の入試問題を解いてみたのですが、開始5問目くらいで早速間違えました。「まあ、こんなもんか」と、すぐに諦めがつきましたが・・。

 ただ、私の場合は「私立文系」受験でしたので、数学なんてものは受験にまったく必要なかったわけです。しかし、彼がやらかしたのは「英語Writing」。文系はもちろん、理系大学の受験にも必要な英語で欠点を取ってしまいましたので、お母さん(私の母親の妹)はかなりやきもきしているようです。私が英文学科に通っているのを知っているので「こいつに英語教えてやってくれない・・?」と言われてしまいました。

 ということで、大学受験云々の以前に、学校のテストを乗り越えるために必要最低限のことだけはアドバイスしましたが、あとは結局本人が継続して勉強するかどうかにかかっているわけですよね。私の数学のように、一夜漬けで他人の宿題を書き写し、当てずっぽうでテストに答えているようでは、成績が伸びるわけありませんからね。重要なのはその点だよ、とだけ言っておきました。

 もしこれで改善がされないようであれば、私が教えに行くことになるかもしれません。仮にそうなったとしても、いいんですかね?「適当」という文字が服を着て歩いているような、こんな人を先生にしちゃって・・。(笑)

 とにかく無事に進級してほしいところであります。
 他人の話とは言え、ちょっぴり懐かしさを感じたのでした。

 それでは、今日はこの辺で。ノシ
[PR]
by kameliner2008 | 2014-01-28 02:12 | 日常

セールスマン

 こんばんは。

 成人の日ということで、今日は各地で成人式が行われていたのではないでしょうか。私の地元の成人式は、昨日終わってしまったそうですが、よく考えてみると、昨年成人式を迎えた私たちの代でも、各地より1日前に成人式が終わっていました。その結果、大雪を免れることができたわけです。

 昨日の夜、家から車で数分の駅に降り立つと、同窓会が終わって居酒屋から出てきたと思われる新成人で、ロータリーがごった返していました。それも去年と同じでした。毎年この時期に繰り返される光景でしょう。

 ということで、私はもう成人式は関係ないので、今日は久しぶりに1日家にいる時間を取り、テスト勉強をしていました。すると、11:30頃に玄関のインターホンが鳴ったので、応えてみると、ソーラー発電システムの勧誘でした。インターホンで撃退しようかと思って話を聞いていたわけですが、よく聞こえなかったので外へ出てみると、いかにも胡散臭そうな30代の男が立っていました。

 彼が最初に口にした内容を簡単に言えば、「ソーラー発電を実質無料で導入できるキャンペーンをやっていて、いくつかの条件に協力していただける方に、キャンペーンのメリットの話や、発電効率のシミュレーションをさせてもらえるかの確認のため、電話を入れさせてほしい」というものでした。

 そもそも私は世帯主ではないですが、基本的にうちの家庭はセールスお断りなので、今回も即刻断るつもりでいましたが、それでも相手はキャンペーンに参加するための条件を並べてきました。こちらが「ソーラー発電には特に興味ない」と伝えたあと、最後に「では、ご主人様だけでなく、是非ご家族の方ともご相談いただければと思いますので、また改めてお電話させていただきたいと思います。お名前とお電話番号よろしいですか?」と聞いてきたわけです。

 「最初に『協力していただける方にお電話したい』って言ったくせに、それと全然違うじゃないか。こいつ何を考えてるんだ?」と思いつつ、彼が持っていた名簿に目をやると、大勢の名前と電話番号がずらりと並んでいました。

 私「じゃあ、お宅の連絡先は?」
 勧誘「あ・・先程のチラシの下のとこr・・」
 私「書いてあるなら、興味がわけばこちらから連絡しますよ。忙しいのでお引き取り下さい」
 勧誘「あ・・そうですか・・失礼しました・・・」

 という感じで最終的には帰ってもらいましたが、何を考えているのかよく分からない勧誘でした。
 それともう一つ。老け顔はもともと自覚していますが、私を指して「ご主人様」ですって。一体彼には私が何歳に見えたのでしょうね・・?

 もちろんその件にも腹が立ちますが、何よりキャンペーンの条件に協力する意思を見せていないのに、名前や電話番号を聞くやり方は如何なものかと感じたので、万が一同じ会社がまた勧誘に来るようなことがあれば、その時点で県内の営業所にクレームを付けるつもりでいます。

 それにしても、彼が持っていた名簿を見て、電話番号を教えている人の多さには驚きました。その場で断り切れないのか、本当に良いと思って教えているのかはわかりませんが、たとえどんなに良い条件であれ、私ならその場で電話番号を教えたくはありませんし、本当に興味があればお客の方から連絡するのではないか?と考えます。
 販売員の方にもノルマがあって大変なのかもしれませんが、あまりにも往生際が悪いというか、ゴリ押しが強いというか、とにかく幻滅させられました。「ソーラー発電」そのものまで嫌いになりそうでした。

 こういう方法で個人情報を売る悪い輩はいくらでもいますからね。これからもセールスお断りは貫いていくつもりです。

 そして、成人式から1年後には、ついに「ご主人様」って呼ばれるようになりました。とても嬉しくないですね。高校1年ぐらいの時に、ファミレスで「おタバコ吸いますか?」って聞かれたのと同じぐらいビックリです。
 せめてもう少し若く見られたいものです。無理ですかね(笑)

 それでは、今日はこの辺で。ノシ
[PR]
by kameliner2008 | 2014-01-13 23:55 | 日常

マフラーでヒヤヒヤ

 こんばんは。

 私は昔から寒いのが苦手なので、「もうそろそろ暖かくなってくれないかな・・」なんて毎日のように思っていますが、まだ1月の頭です。先は長いですね。
 旧暦で言えば「春」になったわけですから、年賀状には「迎春」だの「初春」だの書いてあるわけですが、寒さはこれから本格化するんですよね。困ったものです。

 さて、先月の25日、久しぶりにこのブログを更新した日はクリスマスでした。昨年は大学の友人たちと一晩遊んで過ごしたわけですが、今年は朝のバイトに出て、そのまま職場の先輩たちとのんびりランチを楽しみ、そのあと一人で写真展を見に銀座へ行き、最後に北千住のマルイでマフラーを買って帰る、という時間の使い方をしていました。
 先月は14日・15日にかけて、富士山を絡めた鉄道写真を撮りに静岡県へ出かけていたのですが、20~30分に1本しか来ない列車を待つ間、やはり首元が非常に寒く、それが「いつかマフラーを買おう」と決心するきっかけになったわけです。

 そして、いざ買ってきたのはいいのですが、実は私自身、マフラーというものを今まで一度たりとも使ったことがなく、お恥ずかしい話ながら、巻き方を全く知らないのです。周りに聞くわけにもいかないので、インターネットで調べながら模索中ですが、「こんな感じで合ってるのか?」と、巻くたびに毎回ヒヤヒヤしています。温まるためにマフラーを買ってきたはずなんですけどね(笑)
 ということで、変なマフラーの巻き方をしている私を見つけたら、そっと注意してあげてください。よろしくお願いします。m(__)m

□■□■□■□■□■□
e0153554_0404642.jpg
澄み渡る朝の空と富士山に。@JR身延線 入山瀬~竪堀 [2013-12-15]

 元国鉄機関士で、写真が趣味だった父方の祖父の命日に、最高のコンディションでパチリ。


 それでは、今日はこの辺で。ノシ
[PR]
by kameliner2008 | 2014-01-05 00:41 | 日常

15歳の決断

 こんにちは。

 昨日(24日)の話になりますが、アルバイト先に向かおうと乗った東武線に、制服姿の中学生とそのお母さんと思しき人たちがたくさん乗っていました。この時期ですから、高校の学校説明会か何かではないかと思います。
 私にも当然、そんな時期がありました。第一志望だった地元の町の県立高校を受けるのは危険と判断し、もう少し受かりやすいと思われる隣町の高校を受験し、結果的にそこが自分の母校になりました。

 1. 中学が荒れていたので、落ち着いた校風の高校であること
 2. 電車通学ができること
 3. それでいてあまり自宅から遠くないところ

 これは私が高校を選んだ基準です。校則は県内トップクラスを誇る厳しさと言われた学校でしたが、日ごろの学校生活で居心地が悪いと感じたことはないですし、最高の仲間たちと出会えた学校でもありました。ということで、高校選びには失敗していないと自分では思っています。
 受験を控えた今の時期の中学3年生の人たちは、通いたいと思える高校選びをしっかりした上で、それに向けての勉強に励んでいければ良いのではないかと思います。

 しかし、学校選びの次に重要なのは、いざ入学してからの「部活選び」です。

 私がこの「しらさぎの飛翔」を立ち上げたのは、高校1年生の10月。大変理不尽な顧問の下でバスケットボール部員として活動していた時の「愚痴」が膨れ上がり、そのはけ口として作ったのがこのブログです。
 宣言したことは守らない、練習中に「死ね」など暴言を吐く、集合時間に遅れた生徒に激怒した翌日の試合で自分が遅刻するなど、今考えても酷い指導者だったと思います。中でも、インフルエンザ流行期に学校閉鎖になった高校での練習試合を強行した結果、40人いる部員のうち、私を含め16人がインフルエンザに罹るという、最低最悪な愚行がありました。40度近い熱を出している状態で、タクシーを呼べるお金もなく、自力で2kmほど先の病院へ這うように向かった覚えがあります。今でも許せません。

 私の場合、好きでこのバスケ部に入ったわけではない(訳あって、バスケを高校でも続けざるをえない状況になってしまった)ので、何とも言えませんが、部活選びができる状況であれば、入る部活をしっかり見極めることが、高校生活を大きく左右していくと信じています。特に部活動見学のタイミングで見に行くと、その時だけ良い雰囲気を作り出すような部が必ずあって、まったく当てにならないですから、見学時間が終わった後にこっそりのぞきに行くといいと思います。ビラに書かれている「やる気があれば初心者でも大歓迎」みたいな「超」が付くほどデタラメなうたい文句には、絶対に騙されてはいけませんよね。

 今は割とのんびりした大学生活を送っていますが、毎日がこんなに楽しいって思えるようになったのは、やはりあの酷い高校の部活を引退し、その後一浪を経て大学に入ってからでしょうね。欲を言えば、高校時代からそれを味わいたかったかな・・。そのためにも、中3生には今頑張ってほしい。高校の説明会に向かう中学生を見ながら、そんな風に感じる今日この頃でした。

 それでは、適当ですがこの辺で。ノシ
[PR]
by kameliner2008 | 2013-08-25 23:18 | 日常

今のうちだけ

こんばんは。

新年度最初の授業は、何とびっくり、休講になっていました。出端をくじかれましたね。ちゃんと調べていなかったのが悪かったんですが(笑)
という具合で新年度がスタートしてしまいました。最初の週はサークルの勧誘と健康診断だけだったんですが、2週目からは授業開始になります。

私は昨年、「先生が嫌い」という理由で必修の単位を1教科捨てましたので、再履修という名目で、1年生ばっかりの授業に1つだけ出ているんですが、さすがこの時期の1年生、やる気に満ち溢れていますね。若かったですし、輝いていましたね。私と違って。

何しろ、現役で大学に入学してきた今の1年生は、私より2歳も下ということですからね。どうりで若いわけだと。
まあ、その子たちの何割がクズ学生へと堕落していくのか、楽しみでもあります。どうせ来月にもなれば「あー授業めんどくせー」とか言ってサボる人が出るんでしょうね(笑)

□■□■□■□■□■□
晴れ予報が出ているので、今週末は真岡鐵道へSLを撮りに行ってきます。土曜日の朝から撮影をスタートし、撮影結果によっては真岡で1泊して翌日も追いかけようかと思っています。
1泊するとなると、全部で7000~8000円くらい飛ぶかもしれませんね。ただ、やはり桜と菜の花を絡めたSLの写真を撮りに行きたいというのは、前々から思っていたことですので、今年行ってみようと思います。

ちなみに、私自身真岡線には乗ったことがなく、そのうえ下館から乗って「久下田」という駅に到達した瞬間、茨城県全線乗車達成となりますので、もちろん真岡線全線乗車も視野に入れます。SL撮影は土曜日でしっかり決めて、翌日に全線乗車と益子観光でもできたら最高なんですが、そこまでできるかどうか…。

ただ、最近私の30Dのシャッター部分の調子が悪く、ボタンを押してもシャッターが切れない時がありますので、今回は三脚とレリーズスイッチを使って撮影しようと思います。で、ゴールデンウィークの北陸紀行が終わり次第、すぐに修理に出すつもりでいます。
あと1ヶ月、何事もなく頑張ってほしいんですが…。(苦笑)

それでは、適当ですがこの辺で。ノシ
[PR]
by kameliner2008 | 2013-04-11 22:12 | 日常

Something wonderful.

こんばんは。
さて、久々の更新となりましたが、元気にやっております。

では最近の近況報告を。
e0153554_0593085.jpg
21日、今年最初の花見ということで、茨城県水戸市にある日本三大庭園の一つ、「偕楽園」へと足を運んできました。
今回の目的は「青春18きっぷ」の消化も兼ねていたので、特急列車ではなく、往復ともに普通列車のグリーン車を利用しました。
e0153554_101826.jpg
「水戸の梅まつり」開催中ということもあり、平日でありながら多くの花見客でにぎわっていました。花自体は前日の風で散っているところも多くありましたが、それでも満足のいく撮影ができたように思います。
e0153554_105123.jpg

また、これは完全に私事ですが、大学の秋学期の成績をこの場で確認しました。(散り際の梅の中で見るなよ、という感じではありますがね。)
その結果、授業に出る気がなくて1回も出席しなかった講義以外すべて単位認定をいただきました。「この授業の履修、春学期でやめようかな」と思っていながら、やはり諦めずに秋学期も挑戦した授業が3つあり、そのすべてで納得のいく評価を頂けたことは、自分自身にとってプラスになったのではないかと思います。

4月から大学2回生になるわけですが、その「諦めない」ことを大事に頑張っていこうと思います。


□■□■□■□■□■□
そのお花見の前日、19~20日までは、サークルの仲間数人と山中湖・河口湖方面へ泊まりがけで遊びに行っていました。完全に大学生の春休みを謳歌していますね。遊びすぎのような気がしなくもないですが(笑)

その行った先で、地元民でも何でもないのに、外国人観光客にバスの行先や運賃の払い方について、英語で聞かれたんです。
英語で話しかけられること自体は、大学生活やバイトで慣れていて特に問題なかったので、バスの路線図を見ながら教えてあげました。その方はしっかり理解してくれていたようで、バスを降りるときにHave a nice trip! なんて言って別れたわけです。

驚いたのはその数日後(25日)、都内で駅案内のバイトをしていた時です。この日はもともと非番だったんですが、出番の予定だった友人が体調を崩してしまい、代わりに午後だけシフトに入りました。すると17時頃、これまたある外国人が話しかけてきました。

"Excuse me? …Oh, do you remember me? I met you at Kawaguchiko, didn’t you?" 

「河口湖・・・?」顔を見ると、何と数日前に山梨で話したその方だったのです。

話を聞くと、「この前はあなたのおかげですごく助かったし、迷わずに済んだ。いい旅行になったよ。今回は子供をお台場に連れて行くんだけど、どこがおすすめ?」ということだったので、またいろいろ教えてあげました。

その1回しか話すことはないだろうなと思っていた人の役に再び立てたこと、そしてその人が私を覚えていてくれたこと。もちろん、偶然の要素もあったかもしれませんが、鳥肌が立つほど嬉しかったのは久々だったかもしれません。

最近は比較的高圧的なお客さんを相手することが多かったので、こういう出来事は本当に心の糧になりますね。
また頑張ろう。そう思える瞬間でした。

さて、久々に長めに書きましたが、今日はここまで。
新年度くんが迫ってきているので、もういい加減準備を始めようと思います。それでは。ノシ
[PR]
by kameliner2008 | 2013-03-27 01:03 | 日常

ノートパソコンを導入

こんにちは。

7年半に亘って使いづつけてきたデスクトップパソコンが、先週あたりからついに起動しなくなってしまいました。最初は家族共用パソコンとして、晩年は私の専用パソコンとして、永く使ってきたのですが、さすがに限界が来たようです。

一応、私専用のパソコンが壊れたことになるので、新しくノートパソコンを導入しました。(数年前まで「ウィッフィー」と読むのかと思っていた)Wifiのルーターとセットで6万近くの出費になりましたが、決して高くはないのかなと思います。この記事はそのノートパソコンで打ち込んでいます。

いずれにしても、ノートパソコンは1台欲しかったので、ちょうどいいと言えばちょうどいいタイミングで代替わりとなったような気がします。今後は旅先にも持ち運ぼうと思います。

今日は報告までということで、かなり適当ですがこの辺で。ノシ
[PR]
by kameliner2008 | 2013-01-29 15:25 | 日常

写真家の作品から学ぶ

こんばんは。

今月頭のことですが、車でワシクリに行ってみました。自宅から栗橋まで、途中北春日部で友人を拾って行っても1時間かからず。まだまだ恐怖の連続ですが、運転の練習も兼ねて、ということですね。
今回向かった撮影地は、駅から歩くと30~40分近くかかるので、それだったら自宅から車で行った方が圧倒的に楽ですからね。ちなみにそのあとは南栗橋へ向かい、3年ぶりに「東武ファンフェスタ」に行き、そのあと栗橋駅近くでスカイツリートレインを撮影し帰宅という行程で駆け回ってきました。

一応、ちゃんと事故らずに帰ってきたわけですが、今度はさらに先まで行けるようになるといいかなと思います。
e0153554_002379.jpg
@栗橋~東鷲宮 [2012-12-02]

背景に出てきた一筋の雲が、いいアクセントを出してくれました。

□■□■□■□■□■□
今日は学校帰りに、私と同じ越谷在住の鉄道写真家の方の写真展を見に行ってきました。平日の夜ということもあってか、会場にはそのご本人と、お客さんも私を含め3人ほどでまったりしていました。
うちから車で20分ほどのところにある公園で撮影された写真だったのですが、やはり感化されるものがありました。鉄道写真なのですが、鉄道を知らない方にも楽しんでいただける作品ばかりだったように思います。いずれはそんな写真を目指してみたいものです。

せっかく一眼レフを使っているわけですし、もっといろいろな写真に挑戦していきたいと感じ、とてもいい刺激になりました。

ただ、その前に、このブログの更新頻度をどうにかしたいと思います(苦笑)
では、今日はこの辺で。ノシ
[PR]
by kameliner2008 | 2012-12-21 00:01 | 日常

3本目のレンズは・・・

こんばんは。

我が家に新しい仲間がやって参りました。
シグマの17-50mm、開放F2.8のEXレンズということで、まだ自分にはもったいないクオリティのレンズですが、頑張って使いこなしていこうと思います。

今日試し撮りをしようと自転車でうちを出て、しばらく走ってカメラを出したらメモリーカード入っていませんでした。ただのアホですね(笑)

ついでに、そのレンズのフィルター径に合わせたPLフィルターも買ってきました。しばらく持ち歩いていろんな写真撮ってみます。

□■□■□■□■□■□
e0153554_2339490.jpg
8111F @春日部~一ノ割 [2012-10-20]

初めて自分の運転で撮り鉄をしてきました。

8111Fは竣工から50年弱になりますが、私も明日いっぱいで「10代」と言えなくなってしまうわけで…年取ったもんです。

「それで何が変わるのか」と言われればそれまでなんですけどね。タバコだけは絶対に吸いません(笑)
20になってもまったく変わらない生活送ってると思うんで、みなさんよろしくお願いします。

それでは、今日はこの辺で。ノシ
[PR]
by kameliner2008 | 2012-10-21 23:47 | 日常