<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

分けて捨てる、という文化

 こんにちは。

 大晦日の今日は、久しぶりに自分のために時間を取ろうと思って、まったく予定を入れませんでした。自分の時間を取る、といってもレポート課題に明け暮れているわけですが、普段風来坊みたいな人間なので、たまにはこんな日があってもいいでしょう。
 特に、年末はバイト行ったり忘年会行ったりと、ほとんど家にいなかったので、母親からも「あんた今日家にいたの?気付かなかったわ。自分の分しかご飯買ってきてないから何か食べてきてくれる?」なんて言われるありさまでした(笑)
 ということで、車を借りて近所のモスバーガーまでひとっ走りしてきたわけですが、食べ終わってトレイを片付けに行くと、ごみ箱が一つしかないのです。「ああ、そうか」と思わされました。

 ごみ箱が1種類しかないというのは、地元の越谷市ではほとんど当たり前の光景なのですが、東京や横浜で食事をする機会が多いと、つい「プラスチック用ごみ箱」があるものだと思ってしまうのです。例えば、今通っている大学のごみ箱では、「燃えるゴミ」よりも「燃えないゴミ」の投入口の方が広く確保されています。恐らく、弁当のプラスチック容器を「燃えないゴミ」に捨てるのが普通だからでしょう。

 10年くらい前の越谷では、おおかた「燃えるゴミ」、「燃えないゴミ」、「古紙類」、「危険ごみ」の4種類しか区別がなく、白色トレイやペットボトルも燃えるゴミとして捨ててよかったので、たまに都内へ出かけると「何でこんな面倒な分別があるのか」と思ったものです。中でもペットボトルにいたっては、中を洗わず、ラベルやキャップを外さないまま、燃えるゴミにポンと出していたのです。当時はこれが当たり前でした。
 さすがに今となっては、トレイやペットボトルは分けるようになりましたが、プラスチックのフォークやサランラップは今でも燃えるゴミに出しています。

 私の中で「越谷市」は、「日本一ごみの分別ができない町」だと思っていますし、私自身、今でも「燃えないゴミに区分されるのは、缶や瓶ぐらいでしょ?」という認識なので、出かけたときに「ここではそんなものを『燃えないゴミ』に捨てるのか?」と思うことは今でもありますが、「郷に入っては郷に従え」というように、その土地のルールを守れるようにしなければいけないと感じさせられます。
 そんなことを考えていた、大晦日の昼下がりでした。

 さて、2013年はなんだかんだ忙しく、16回しか記事を更新しませんでしたが、私とお付き合いいただいたみなさん、そしてここを見てくださっている皆さん、今年も1年間ありがとうございました。こんな大して更新していないブログにも、毎日一定のアクセスがあるようで、感謝しております。

 2013年の記事更新はこれで終了といたします。それでは2014年、良いお年をお迎えください。
[PR]
by kameliner2008 | 2013-12-31 13:45 | 雑談

忘れてはいけない

 お久しぶりです。しばらく更新を開けてしまいましたが、元気にやっております。
 メリー・クリスマスですね。聖夜の東武線は人身事故で止まりましたが・・。

 なかなか、ふと思ったことを文章にする時間がなくて、書きたいことはたくさんあったんですが、記事のアップまでこぎつけられませんでした。
 更新していなかった間に、多くの写真を撮りに行ってきましたので、次回の記事でまとめて貼ってみようと思います。

 クリスマスですが、特にいい話もないので、ちょっと真面目な話をしようと思います。


 最近、地元の本屋で高校時代の部活の後輩にばったり会いました。
もちろん、そこで部活の話になったわけですが、彼の言うことには「最近、高校の試合を見に行きましたけど、今の○○先生(私がこれでもかというほど嫌っていた部活の顧問の名前)は、練習中も含めて、あまり理不尽なことで怒らなくなったような感じがするんです。」ということだったのです。
 驚きもしましたが、同時に「ああ、そうか」と思わされました。

 恐らくその背景にあるのは、昨年のちょうど今頃、大阪の高校で発生したバスケットボール部体罰問題。男性顧問がチームの主将(高校2年生)に体罰を与え、翌日この主将は自らの命を絶ったという、決して無視することのできない事件でした。この時、運動部におけるコーチングのあり方などが、全国で問題提議されたのは間違いないでしょう。

 とはいえ、過去に体罰を経験してきたプロのスポーツ選手へのインタビューなどでは、私の予想とは裏腹に、「当時はつらかったけれど、今となってみれば体罰も良かったと思っている」と話す選手も少なくないようです。しかし、それは彼らが成功者であるからこそ言えることであって、宝くじの一等が当たった人に対して「宝くじ買ってよかったですか?」と尋ねるようなものです。では、選手時代に体罰を受けてきて、しかしながらプロとして大成しなかったもっと多くの人の中で、体罰賛成に回る人は果たしてどれだけいるのか?という話になってきます。

 私が部活に所属していたときの顧問は、体罰こそほとんどなかったものの、部員をインフルエンザや熱中症に「かからせた」と言わざるを得ない指揮を取ったり、一教師としてあるまじき暴言を吐いたりと、部内からの信用を失いかねない非道なやり方が間違いなくあったはずです。前者は体罰に似たようなことかもしれません。

 私が思うこととしては、「何だ、やればできるじゃないか」といったところですよね。人の振り見て我が振り直すことも、自分の感情をコントロールすることもできるではないか、なぜそれを私たちがいるときにやれなかったのか、ということです。
 暑い日に水分制限を押し付けてくることもありましたし、制限がまだ続いているときに、たまたま怒鳴られてコートを延々走らされた後輩が、熱中症で倒れて入院するまでに至ったこともありました。

 大阪での問題が出てからかどうかは定かではありませんが、こんな高校の部活の顧問が、理不尽な指導方法をしなくなったというのです。よその学校で問題が起こってから、慌ててコーチングのスタイルを変えたのかもしれません。
結局、誰かが犠牲なって初めて自覚するタイプの教員だったということです。あまりにも情けない話ですね。


 ということで、大阪での一件が大々的に報道されてから一年が経とうとしています。世間ではクリスマスだ何だと騒いでいますが、私はこの問題について決して忘れたくないと思っています。
 今後、非道な教え方による被害者がこれ以上出ないことを切に願うばかりです。


 今日はクリスマスにそぐわない、重い内容の記事になりましたが、なるべく今後は明るい話題を書いていきたいと思っています。
 しばらく更新しませんでしたが、2014年に入ってからも、「しらさぎの飛翔」は私の意見の発信場所として使っていきたいと考えています。日頃思うことが中心で、例によって内容がスカスカな記事になることも多いと思いますが、よろしくお願いします。
[PR]
by kameliner2008 | 2013-12-25 00:42 | バスケット