<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

【お知らせ】リンク関連

 リンクについて、お知らせが3点ございます。

1. 鉄道記事用のブログ「緩行旋律。」を、勝手ながら閉鎖させていただくことになりました。これは、管理人の撮影する写真のスタイルが変わったことにより、鉄道記事を分離する必要性がなくなったと判断したものによります。
これによって、同ブログへのリンクを解消しました。

2. 「みどあず」様のブログですが、「鉄道少年の唄」より「Everyday Scenes」へ移転しましたので、リンクを編集しました。なお、「Everyday Scenes」とは相互リンクとなります。

3. 一年以上更新のない一部ブログとのリンクを解消しました。

 お知らせは以上となります。
[PR]
by kameliner2008 | 2014-02-18 15:10 | 挨拶

きれいな部屋

 こんばんは。

 先日、横浜で一人暮らしをしていた大学の友人の引っ越しを手伝いに行ってきました。3回生からはメインとなるキャンパスが都内へ移動するので、このタイミングで都心に近い場所へ引っ越す人も多くいるようです。

 思い返してみると、私も中学を卒業してすぐに「引っ越し」を経験しました。前から越谷に住んでいたのですが、当時富山に住んでいた父方の祖父母との同居をするにあたり、前の家では手狭だ、ということで、今の家に引っ越しすることになりました。
 祖母は富山から引っ越す半年ほど前に亡くなってしまいましたが、祖父とは2010年に亡くなるまでの3年間、今の家で同居することができました。

 このように、一家ぐるみの引っ越しとなると大変な荷物になるのですが、一人暮らしの場合はさして荷物の量も多くないので、私が運転するレンタカーで引っ越す計画も出ていたぐらいでした(最終的には引越業者に頼みました)。荷物の搬入作業から、ベッドの配置やテレビの配線までやっても大した時間はかからず、大掛かりな引っ越しと比べて、圧倒的な速さを実感しました。

 それにしても、引っ越し前のまだ何もない状態の部屋って、広々としていてきれいですよね。何を当たり前のことを、と思うかもしれませんが、部屋に入って最初に思ったことがそれでした。しかも一人暮らしの場合は、学生生活に最低限のものが揃っていればどうにでもなりますから、物をすべて配置してもなおきれいな場合があるわけです。

 ということで、後日、私もそういうきれいな部屋に憧れて、自室の片付けをすることにしました。結果、必要最低限とまではいきませんが、部屋にある物の3割ぐらいをゴミ袋にまとめました。
 中学・高校の通学カバンはまだしも、いつ使っていたかも分からない「プレイステーション」のようなとんでもないガラクタも出てきました。中でも、あの思い出したくもない高校の部活で使っていたものに関しては、ウェア以外はきれいさっぱり捨てることにしました。
 部屋がきれいになったのと、悪い思い出を呼び起こす多くの物を捨て去ることができる、というだけで、気分がかなりすっきりしたように思いました。

 一日かかりましたが、たまにはリフレッシュのために部屋の片づけをしてみるのも良いかもしれません。早く金曜日(この地区の燃えるゴミの日)になってほしいところであります。(笑)
 他人の引っ越しの手伝いを通して、きれいな部屋を保ちたいと感じた先週末でした。

 それでは、かなり適当ですがこの辺で。ノシ
[PR]
by kameliner2008 | 2014-02-05 23:39 | 日常